任意整理 体験談

任意整理体験談|借金200万以上を返済した記録ブログ

任意整理体験談について


このブログについて

(上記の書類は、任意整理をした証明の和解合意書です)

 

このブログは実際に任意整理を行った私の体験談をもとに構成されています。

「借金地獄に陥り、抜け出した私だからこそ同じ境遇の方に何かアドバイスができるかもしれない」と思いこのブログを立ち上げました。
今借金に悩んでいる方の少しの力になれたらと思っています。

 

管理人の【任意整理前・後】の債務額

まず私の借金の総額と任意整理後減額された借金額を紹介します。

 

任意整理前の借金額

借り入れ借金額
計8社257万3297円

任意整理後の借金額

借り入れ借金額
計7社(1社 過払い)163万2849円

そしてH25/8月ついに借金を完済しました!!!

管理人の任意整理体験談

そんな私の体験談を前編・後編でご紹介します。これから任意整理を始める方、借金に苦しんでいる方に読んで頂ければ幸いです。

 

任意整理体験談【前編】

任意整理体験談前編「250万円もの借金を作ってしまった・・・」

 

私が200万以上の借金を作ってしまった原因や借金による苦しい生活の状況、任意整理をするに至った経緯を紹介しています。

 

任意整理体験談【前編】を読む

任意整理体験談【後編】

任意整理体験談後編「任意整理決意!借金返済へ」

 

任意整理の契約、弁護士に支払った費用や支払い方法や減額交渉の結果、任意整理中の生活や支払いについて紹介しています

 

任意整理体験談【後編】を読む

 

当サイトでよく読まれている記事


無料で司法書士や弁護士に相談できる街角相談所を実際使ってみてシステムや相談しておきたいことをまとめました。


任意整理するうえで大切な代理人選びのポイントを私の失敗談を含めてまとめました

任意整理Q&A

私なりに任意整理について、債務整理についてまとめてみました。

任意整理って?債務整理との違いは?

任意整理は債務整理の手段

 

googleやyahooなどで検索していると「任意整理 債務整理 違い」というワードをよく見かけます。
どうやら任意整理と債務整理を混同されている方がいるみたいですね。私も任意整理をするまではよく理解していませんでした。

 

債務整理というのは、法的に借金を整理する方法。そして任意整理はその手段です。

ですから、その方法の中には任意整理だけでなく、自己破産や個人再生などの手段があります。

 

ちなみに任意整理とは利息制限法に基づいて利息の引き直しを行い、利息を払いすぎていた場合はその分を借金の元金にあて減額するという方法。
そして今後の支払いの利息はカットし、無理のない返済計画を立てるというものです。
また払っていた利息が元金を上回っている場合は、過払い金が発生します。

過払い金とは…
債権者へ払いすぎている利息が元金を上回っていた分のこと。
通常金利は借入額に応じて定められています。~10万円は20%。10万円~100万円は18%。100万円~は15%。この金利以上支払った利息は元金に充当されますが、元金を超えて支払っていた場合、過払い金となり返還請求を行うことが可能になります。
任意整理向きではない人

大きく借金額を減らしたい人は任意整理向きではない

 

任意整理を行うことで、将来かかる利息がカットされるので返済は確実に楽になります。また自己破産や個人再生などと違い、官報に情報が乗ることもありませんので、「万が一、他人にばれる」という心配もありません。

 

ただ私のように、大きな減額が期待できない場合があります。
私が借金をした当時は2010年の出資法の改正前で、グレーゾーン金利(利息制限法よりも高い金利)が横行してましたから任意整理を行うことで96万円もの減額が行えました。
しかし、2010年以降にした借金に関しては利息制限法に定められた金利内のため、大きな減額はあまり期待できません。

※ただし前述した通り、将来かかる利息がカットされるため、減額できないというわけではありません。

 

ですから借金額の大幅な減額を目的として任意整理をしたいという方には向きません。
借金額を大幅に減額したいという方は、個人再生のほうがいいかもしれません。

個人再生とは…
借金額が5000万円以下(住宅ローンを除く)で継続した収入がある方が行える債務整理の方法。金利に左右されず、大幅な減額(例えば500万の借金を抱えていた場合100万になる)が行えます。ただしブラックリストとなる期間(信用情報機関に残る記録)は5年~7年と長めといったデメリットも。また個人再生を行う場合、債権者2分の1の反対がないことが条件となります。
主婦でも任意整理はできるの?

主婦でも任意整理はできる

基本的には3年を目途に返済することができれば、主婦の方であっても任意整理を行うことができます。
パートなど収入がある方はもちろん、専業主婦でも返済能力(この場合毎月しっかり決まった金額を返済できるか)があれば任意整理は可能です。

3年で返済することが難しい場合であっても、私のように5年の長期分割払いで返済していくことも債権者との交渉によっては可能なので、あきらめずにまず司法書士や弁護士に相談してみましょう。

 

主婦の方が任意整理をする上で、一番ネックなのは「旦那さんやご両親に任意整理したことがばれるのか?」ということだと思います。
が、任意整理をすることで家族に通知が行くということはまずありません。

 

私の体験談を読んでいただけばわかりますが、弁護士先生からもばれることはないというお墨付きをもらいました。
ばれてしまうのであればうっかりミスです。気を付けておきたいポイントは以下でまとめているので気になる方はチェックしてみてください。

また任意整理をすることで旦那さん名義の住宅ローンやクレジットカードなどに影響が出ることもありません。

 

任意整理の依頼は司法書士?弁護士?

任意整理は弁護士、司法書士どちらでも「可能」です。ただし司法書士にはいくつか制限が設けられています。

任意整理の場合
司法書士は借金1件に対して140万円までの交渉しかできません。弁護士にはこの上限がありません。
自己破産・個人再生の場合
司法書士は訴訟代理権がないため書類作成だけを行います。なので破産の申立は本人で行い、裁判所にも出廷します。

ざっくりとした説明になりましたが上記のような制限です。

個人再生や自己破産を検討している場合や、1社140万円以上の借り入れがある方は弁護士へ相談された方がいいかと思います。

TOPへ戻る