任意整理 メリット デメリット

任意整理体験談|借金200万以上を返済した記録ブログ

私が感じた任意整理のメリット・デメリット

読了までの目安時間:約 4分

私が感じた任意整理のメリットデメリットを紹介します
任意整理を行うことで借金は確実に返済することができます。ですが、メリット以外にもやっぱりデメリットはあるんです。
そこで実際に私が任意整理を行って感じたメリットそしてデメリットをご紹介します。

 

任意整理のメリット

任意整理メリット編
やっぱり私が任意整理をして感じたメリットは借金に関するものが多かったです。

減額され返済額が軽減される

任意整理の最大のメリットはやはりこれです。
私の場合、任意整理を行い総額257万3297円の借金が163万2849円になり、100万近い減額ができました。

 

更に将来的にかかる利息がカットされたため、毎月10万以上あった支払いは3万円弱に軽減されました。
今までの三分の一以下になったので、支払いが楽になったのはいうまでもありませんね。
また出来るとは思っていなかった過払い請求が1社からでき、その債権者からの借金が無くなったのはうれしい誤算でした。

※過払い請求には時効がありますので可能性のある方はお急ぎください

 

支払い日まとまる

いままでは毎月3回も4回もあった返済日が一つにまとまり、管理がしやすくなりました。
毎月惨めな思いで、消費者金融のATMからATMへ返済に駆け回ることもなくなったのも非常に大きなメリットでした。

日々のストレスから解放される

借金を抱えているときは、毎日ストレスに押しつぶされそうでした。
膨れ上がった借金額を前に「返済することができるのだろうか?」という不安ばかり募ります。

 

任意整理をすると、これがなくなるんです。

借金を完済できるまでの日数が明確にわかり、返済するたびに借金が確実に減っていくので、心にゆとりができました。

任意整理のデメリット

任意整理デメリット編
任意整理のデメリットは「信用情報機関の事故情報」、いわゆるブラックリストに載ることで巻き起こる問題が多かったです。

賃貸マンションの審査

私は一人暮らしをしているのですが、新しいマンションへ引っ越す際の物件探しには少し手間取りました。
任意整理中は信用情報機関にブラックリストととして登録されているため、家賃がクレジットカード引き落としの物件を借りることができません。

また信販系の保証会社を付けなければいけない物件も、同様に借りることができません。

ただ上記の以外の物件は問題なく借りることができます。
私は任意整理してから現在(2014年8月)まで3度の引っ越しを経験しています。

クレジットカードを作れない

任意整理中はクレジットカードを作れませんし、ローンを組むことができません。
ですから、基本的に大きな買い物はお金を貯めて買うようになります。
私はそこまで大きな買い物をしませんでしたが、車なんか買うときはちょっと大変かもしれません。

自社ローンであれば審査に通るかもしれませんが、信販会社のローンではまず購入するのは難しいと思います。

 

タグ :  

任意整理情報 これから任意整理を始める方へ

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る