街角法律相談所マニュアル

任意整理体験談|借金200万以上を返済した記録ブログ

街角法律相談所マニュアル|使い方~聞いておきたいことまとめ

読了までの目安時間:約 9分

 

司法書士や弁護士に相談することができる街角法律相談所
匿名で利用できるということで人気となっているサービスです。

 

そこで使いやすさや仕組みを調べるために実際に利用してみました。

画像付き解説や相談する際の重要な質問事項をまとめましたので、これから街角法律相談所を利用しようと考えている方は参考にしてみてください。

 

街角法律相談所の利用方法

まずは街角相談所へ。今回はPCから相談しましたが、スマホからでも利用できました。

 

 

TOPページには債務整理することのメリットや実績なんかが書かれています。

私はもう任意整理で借金を返済しているのでここはスキップ、「無料診断を始める」から早速診断へ。

 

 

続いては借り入れしているのは何社かを回答するようですね。4択から選択。

 

 

借り入れ数を回答すると次は住宅ローンの有無を選択します。

※任意整理の場合は、住宅ローンを含め任意整理するかどうかを選択することができます。

 

 

 

次は住まいの地域を回答。

ただ住まいを聞かれるは「地域」と「県」まで。詳細な住所を聞かれることもありませんでした。

 

 

そして、借金の総額です。回答のメールで【どこにいくら借りているか】ということを改めて聞かれたので大体でいいと思います。

 

 

そして連絡先と質問。

電話連絡がイヤな人は、質問事項に「電話連絡は不要」と記載しておくといいと思います。私はこの一言添えておいたのでメールのみの連絡でした。

 

 

 

連絡先を記載した後、今後の流れを解説する画面が表示され、それを閉じると質問する専門家(司法書士や弁護士事務所)が表示されます。

一応司法書士名と一言コメントはモザイク処理させていただきましたが、「地域」名が含まれている事務所があったので、全国展開か近くの事務所が表示されているのだと思います。

コメントを読んで、気に入った事務所をクリックすると完了画面が出て終了。

 

営業電話がわんさかかかってきたらイヤだなと思いながら、しばらく待っていましたが「電話連絡不要」と記載したせいか連絡はなし。

音沙汰がないので、さきほど入力したメールをのぞいてみたところ・・・

 

 

受付完了メールが届いていました。受付完了メールには先ほど選択した弁護士事務所の所在地や電話番号も記載されていました。

そして受付完了メールとともに、私が質問した弁護士からもメールが届いていました。

 

 

私はとりあえず「どれくらい減額が望めますか」とだけ書いたので、回答には上記メールのように「債権者とそれぞれの債務額、そして現在の返済額について詳細を改めてお知らせください」という内容が。

 

また「匿名のままでいいので何か質問があればご質問ください」という一言が添えられており、匿名のままで相談に乗ってくれる姿勢にはすごい好感が持てました。

 

 

街角相談所を使ってみた感想

 

街角相談所は非常に使いやすいサイトです。

匿名のままで利用できるという点やレスポンスの速さはもちろんですが、メール対応のみで行えるというのがすごく良かったです。

以前使った引っ越しの見積もりサイトのように営業電話がかかってくるわけでもなく、「電話連絡不要」と一言入れただけでしっかりメールで対応してくれるというのは一番魅力的だと思いました。

 

またスマホからでも利用できますので、家や移動先から法テラスのように専門家に相談できるというのは素晴らしい。

 

任意整理やその他の債務整理を検討中の方は、ぜひ一度「どれくらい減額できる可能性があるのか」ということはもちろん、気になる点などを質問してみることをおすすめします。

 

街角相談所【公式HP】へ

街角相談所で聞いておきたいこと

街角相談所を利用するにあたり、いくつかしっかり確認しておきたいことがあります。
相談する専門家を選択する場合、司法書士よりも幅広い債務整理に対応が可能な弁護士を選ぶことをおすすめします。

 

どれくらいの減額が望めるか

まず気になるのがどれくらいの減額できるかということです。
利息のカットや引き直しによってどれくらいの減額が望めるかというのはぜひ聞いておきましょう。
それを知るには、私に届いたメールを見てもらったらわかる通り、「借入先」「借入額」「現在の返済額」が必要です。返済の年数もあったほうが利息を計算しやすいので「借入年数」も記載しておいたほうがいいですね。

希望の返済額

あらかじめ希望の返済額を伝えておきましょう。

任意整理・個人再生をした場合、返済の遅延は一括返済を求められる可能性もあり、一番やってはいけないこと。
ですから「毎月5万円以内」など必ず無理なく返済できる金額を伝えておくこと。
併せて、希望の返済額で妥当な債務整理の手段についても聞いておきましょう。

車や住宅のローンも含めるか

住宅や車のローンの支払いしている方にとってこれは結構重要。

任意整理の場合、住宅ローンや車のローンを除外するかしないかを選択できます。
車や住宅のローンを含め任意整理した場合、車や住居は引き取られます。ただし、含めない場合はそのままローンを継続して問題なく車や家を所有することができます。
ただし個人再生や自己破産の場合、否応なく対象となります。
車を手放してもいいということであれば、その旨もあらかじめ伝えておきましょう。

 

※車や住宅ローンに限ったことではなく、任意整理は特定の債務を除外することができます。連帯保証人が付いている債務を除外したいのであればその旨も伝えましょう

依頼した場合の費用

質問した専門家へそのまま債務整理を依頼することもできます。質問してみて好感が持てたらそのまま依頼してもいいと思います.
ただしっかり費用は確認しておきましょう。
着手金、成功報酬、減額報酬やその他かかる費用を事前に確認しておきましょう。
またそれに加え、費用は分割返済可能かということも聞いておくといいと思います。

 

街角相談所質問テンプレート

私のほうで聞いておきたい点をまとめたテンプレ文を作ってみました。借入先など適宜変更してお使いください。
※/---/は削除してください。

 

電話連絡不要
/電話でも構わない場合は削除/

 

現在〇社から総額〇万円の借り入れがあります。
・〇〇社 借入〇万円 返済額〇円(取引年数 〇年
・〇〇社 借入〇万円 返済額〇円(取引年数 〇年
・〇〇社 借入〇万円 返済額〇円(取引年数 〇年
・〇〇社 借入〇万円 返済額〇円(取引年数 〇年
/適宜増やしてください/

 

自動車ローン・住宅ローンを対象に含めず、債務整理を考えています。
/含める場合は(含めて)に変更/

/任意整理から除外したい借金があれば追記してください/

 

希望の返済額は〇万円です。この場合、妥当な債務整理の方法やどれほどの減額が見込めるかを教えてください。
/任意整理など希望する場合はその旨伝える/

 

また併せて、依頼した場合にかかる費用(着手金、成功報酬、減額報酬など)や、費用の分割支払いの可否についても教えてください。
/その他、質問や疑問があれば以下に追加/

 

街角相談所【公式HP】へ

 

タグ :

任意整理情報 これから任意整理を始める方へ

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る