連帯保証人 借金

任意整理体験談|借金200万以上を返済した記録ブログ

連帯保証人付きの借金がある場合の任意整理

読了までの目安時間:約 4分

連帯保証人の借金がある場合の任意整理

 

任意整理を検討しつつも、連帯保証人を立てて借金をしているばっかりにそれがネックとなり二の足をふんでいるという方も中には、おられるのではないでしょうか。

無理いって連帯保証人になってもらったにも関わらず、任意整理をして迷惑をかけるといった恩を仇で返すような真似は誰しも避けたいですよね。

 

逆に任意整理した場合、「子供の奨学金などの連帯保証人になるのは可能?」「住宅ローンの連帯保証人になることはできる?」といった自分が連帯保証人になることは可能なのか気になっている人もいるのではないでしょうか?

 

そこで今回はそんな連帯保証人付きの借金を任意整理する場合、そして任意整理した後連帯保証人になれるのかということについて解説します。

 

任意整理で連帯保証人への影響を回避する方法

任意整理なら連帯保証人に迷惑をかけない
 

まず大前提として知っておきたいのは、任意整理することで連帯保証人にどういった影響があるのかというのが一番気になるところだと思います。

一番避けたいのは「連帯保証人になってくれた人に迷惑をかけてしまう」ということではないでしょうか?

 

実は任意整理の場合、対象とする借金を選ぶことができます

車のローンや住宅ローンは任意整理する対象からはずすことがでると街角相談所マニュアルでも少し解説しましたが、これは住宅ローンや車のローンに限ったことではなく任意整理する借金は対象とするか除外するかを選択することが可能なのです。

 

除外した借金は利息のカットなどや減額はできないものの、連帯保証人への影響はありません。

 

「両親が奨学金の保証人になっているに任意整理したことを知られたくない」「連帯保証人の主人に任意整理したことをばれたくない」という方も、この方法であれば安心して任意整理に踏み切れると思います。

連帯保証人の債務を含めて任意整理する

連帯保証人がついている借金をそのまま任意整理してしまうと、カットされた利息分や本来払うべきだった返済額などを連帯保証人に請求されてしまいます。

そのため大半は連帯保証人つきの借金は除外し任意整理しますが、大きく減額できる場合や大きな過払い金が発生する可能性がある場合などは、連帯保証人と連名で任意整理する場合もあります。

 

連名で任意整理した場合、連帯保証人へ請求されることはありません。

しかし、連帯保証人の方も信用情報機関にブラックリスト登録されてしまうため、クレジットカードやローンを組むことができなくなります。

 

連名での任意整理は、連帯保証人には言うまでもなくメリットがありません。

ですから連帯保証人の方や専門家によく相談して行いましょう。

 

任意整理しても連帯保証人になれる

連帯保証人になれる?

 

住宅ローンや子供の奨学金など組む場合、連帯保証人が必要になってきます。

ですが、残念ながら任意整理すると連帯保証人になることはできません

 

連帯保証人の審査には、返済能力はもちろん信用情報に事故歴が載っていないか照会します。

任意整理をした場合、信用情報機関に事故情報が登録されブラックリストとなっていますから、連帯保証人の審査には通らないことがほとんどです。

 

タグ :  

任意整理情報 これから任意整理を始める方へ

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る