債務整理 信用情報 確認

任意整理体験談|借金200万以上を返済した記録ブログ

債務整理後の信用情報確認方法

読了までの目安時間:約 4分

クレジットカードを作れるか?

 

任意整理後、クレジットカードが作れるまで一定の期間が必要です。
一定期間についてyahoo知恵袋や2chなどを見てみると3年~10年など様々な意見がありますよね。

 

私で3年でクレジットカードをつくることができたので(参考:債務整理後のクレジットカードへの道)、結構マチマチなのかもしれません。

では実際に自分が今クレジットカードを作れるのか調べる方法をご紹介します。

 

個人で信用情報を確認

 

クレジットカード会社が審査をする際に確認するのが申込者の信用情報。

 

「以前、クレジットカードなどで事故を起こしていないか」
「返済が滞っていないか」
を、信用情報機関で確認します。

 

信用情報機関としてメジャーなのがCICJICCJBA(全国銀行個人信用情報センター)の3つ。

CICは信販やクレジット会社、JICCは消費者金融、全国銀行個人信用情報センターは銀行が多く利用しています。

ただし、複数の信用情報機関の情報を照会していることもよくあります。

 

この信用情報機関、実は個人でも開示が可能。

たとえばCICでは「WEB(PC・スマホ))」「郵送」「窓口」と3つの方法で自分の情報を開示することができます。

開示された情報に事故情報が表示されていなかった場合は、クレジットカードの審査は概ね通過すると思います
※もちろん収入などにも左右されるます

 

通常、住宅ローンを組む際、車をローンで買う際などに利用する人が多い方法です。

 

「任意整理完済後、自分の信用情報が気になる方」「そろそろクレジットカードを作りたいという方」は、一度自分の信用情報を確認するといいかもしれません。

ひとつ注意点としては、クレジットカードや住宅ローンの申し込みの際はCIC、JICC、JBAのすべての情報を開示するようにしましょう。

これは前述した通り、クレジットカードや住宅ローンなどの信用情報は複数利用していることもあるからです。

信用情報機関を調べてもらいたい方

開示を依頼する

 

信用情報機関は一つではありませんし、すべて自分で調べるとなると少し面倒だと思う人もいるとおもいます。
そういった方のためにアヴァンス法務事務所は代行して信用情報を調べてくれます。

 

アヴァンス法務事務所が対応している情報機関は…

  • JICC(日本信用情報機構)
  • CIC
  • JBA(全国銀行協会)

…です。

 

自分で信用情報機関の開示が面倒な方、住宅ローンを組む際にしっかりと信用情報を調べたいと考える方はアヴァンス法務事務所に依頼してみてはいかがでしょうか?

 

アヴァンス行政書士法人【公式HP】へ

 

タグ :  

任意整理情報 任意整理後に知っておきたい情報

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る